心の休憩所

心の病気、ひきこもり、ニートの憩いの場

メッセージ

まだ作成段階につき、リンク先やコンテンツが不十分ですがご了承下さい。
ニート、ひきこもり、メンタルの病、掲示板等のコンテンツを増築していきます。
記事の続きを読みたい場合は「続きを読む」をクリックして下さい。

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メイラックス 効果、副作用。重い離脱症状か!?体験談まとめ。半減期等2ch情報。

【ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)】
明治製菓が販売している比較的新しいベンゾジアゼピン。
最高血中は1~2時間後で作用発現速度は中程度。
血中半減期は60~300時間の長時間作用型で、1日1回投与が可能。
1~3週間の連続投与で定常状態に到達、蓄積性は認められていない。

作用強度や薬理は通常のベンゾジアゼピンと異なり、
抗けいれん作用は強いが抗不安作用は中~強程度、鎮静・筋弛緩作用は比較的弱い。
ジアゼパムとの比較では抗コンフリクト作用は2倍、抗けいれん作用は7倍、静穏・筋弛緩作用は同等。
有効率は、神経症約60%、心身症約70%(胃十二指腸潰瘍約90%、慢性胃炎約75%、過敏性大腸炎約70%、自律神経失調症約65%)。
副作用は眠気約10%、めまい・ふらつき約1%だが長期服用継続中に減少消失する。
ベンゾジアゼピン系の超長期型の抗不安薬。
メイラックスの半減期は~122時間。
ベンゾジアゼピンを長期間服用していると、断薬時に約半数の人に離脱症状が出ます。
毎日常用量を飲んでいても、耐性離脱(常用量離脱)症状が出る事があります。

メイラックスは1時間を切る即効性と、24時間を超える半減期を備え、
なおかつプロドラッグ(*)であることで副作用も軽減され,
「ベンゾジアゼピン系抗不安薬の進化の最終形」
との評価する声も(一部の愛好者の間で)ある。

メイラックスは比較的新しいベンゾジアゼピン系の持続性心身安定剤です。体内にすぐに吸収されますが持続が長いのが特徴です。

5 :なまえをいれてください:2013/07/16(火) 09:07:04.65 ID:De2Um9//
メイラックスのジェネリック一覧
アズトレム錠1mg
スカルナーゼ錠1mg
メデタックス錠1
ロンラックス錠1mg
ジメトックス錠1
アズトレム錠2mg
メデタックス錠2
ロンラックス錠2mg
ジメトックス錠2
スカルナーゼ錠2mg

スポンサーサイト
[ 2013/08/21 16:58 ] メイラックス | TB(0) | CM(0)

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。